学科試験

1種運転免許と同様で、普通自動車2種免許取得するためには、学科試験をクリアする必要があります。100点満点の問題で90点以上取ることができれば合格です。これは、1種運転免許の条件と同じです。問題の構成ですが、1問1点の文章問題が90問と1問2点のイラスト問題が5問出題されることになります。問題の難易度ですが、受験をした人によって印象は変わってくるはずです。しかし難問と呼べるような問題が出題されると言うことはまずないと言って良いでしょう。もし普通の1種運転免許に合格をしているのであれば、何度も不合格になってしまうと言うことはないかと思われます。
基本的に問題はほぼ、第1種運転免許の時の学科試験の問題と似たような問題で構成されています。95問のうち90問程度は、ほとんど変わらないレベルと内容と思ってもらって結構です。しかし残りの5問については、第2種運転免許のオリジナル問題によって構成されています。ですから、学科試験対策をするのであれば、まずは1種運転免許の学科試験の時に使ったテキストで復習してみましょう。その中でも、徐行はいつ行うのかとか、安全地帯を通行するルール、駐車禁止はどのような場所なのかということは結構間違えやすい傾向があります。重点的にチェックをしておきましょう。
学科試験ですが、それほど応用力が試されるような問題が出題されることはまずありません。基本的な問題について出題されることが多いです。このため、知能がどうこうというよりも、知識を知っているかどうかということの方が重要になります。特に基本的な知識は、普段あまり気にすることのないポイントが多い傾向があります。このため、いざ試験で出題されると、どうだったかと迷ってしまうことがあります。ですから、ごくごく当たり前の基本的な知識についても素通りしてしまうのではなく、しっかりとテキストなどを使って事前確認をすることが重要です。
例えば、追い越し禁止の場所はどのような所でしょうか?ここで重要になってくるのは、30メートルという距離です。交差点の手前、踏切の手前、横断歩道の手前、これらのいずれも30メートル前から追い越し禁止になります。しかし交差点ですが、自分が優先道路を運転する場合には、30メートル以内に入っていても追い越しすることができます。このような細かなポイントを見落とすことのないようにしましょう。