取得方法

大きく分けて2種類の方法があると言われています。まず一つ目の普通自動車2種免許取得方法として、第1種と同じで自動車教習所に通って、免許を取得すると言う方法があります。自動車教習所で、普通自動車2種免許取得のために必要な知識や技術を学びます。そして卒業試験として、技能検定を受験します。この試験をクリアできれば、自動車教習所を卒業して、後は運転免許試験場に行って、学科試験を受験します。そして合格することができれば、晴れて免許を取得することができるわけです。
自動車教習所の中でも大きく分けて2つの種類があります。自動車教習所の中でも公認校と呼ばれている所に行って、そこで学習する方法があります。公認校で卒業をしないと技能試験の免除を受けることができませんので注意しましょう。ちなみに公認校ですが、最近になって日本全国で増加傾向にあると言われています。教習所によって、卒業するまでにかかる費用は変わってきますが、相場は19~25万円程度になります。しかしなかなか卒業までたどり着けない場合には、追加料金が発生しますので、もっと費用がかさむ可能性があります。1種免許と同様で、合宿免許で短期間で卒業することができるようなコースもあります。
他にも請負講習と言う方法があります。請負講習とは、自動車学校もしくは資格を持っている指導員が、受験生が合格するまで一切の面倒を見る京周システムのことを指します。請負講習の良い所は公認校のように、免許取得までにかかる時間が長くなったとしても、追加料金を請求されることはないという点にあります。しかし一方で、結構スケジュール的にはタイトになってしまう傾向があります。場合によっては、ほぼ1日中教習で拘束されてしまうこともありますので、注意しましょう。請負講習の中には、タクシー会社と自動車学校が提携をしている場合が多いと言います。つまり自分の所のタクシー運転手候補生を請負講習させることで、普通自動車2種免許取得するというシステムになっています。
請負講習で普通自動車2種免許取得を目指す場合には、14~18万円と言った所が費用の相場と言われています。学科試験については、教習所と同じく、運転免許試験場で受験することになります。もう一つは、自分で独自に練習をして、運転免許試験場で受験すると言う方法があります。しかしこの場合、技能試験をクリアするのが難しくなりますので、請負講習もしくは教習所で勉強をすることをお勧めします。