試験の概要

自家用車を運転するために、運転免許証が必要であることは知っている人も多いはずです。ところでこの一般的に皆さんが持っている免許証は、第1種運転免許と呼ばれているものです。免許証には他にも、第2種運転免許と呼ばれる免許証があります。第2種運転免許証は、旅客を乗せて運転することができる免許証のことを指します。ですから、具体的にはタクシーの運転手やハイヤーを運転する場合には必要になる免許証になります。飲酒運転による事故防止が叫ばれるようになって、もし自動車に乗っている時にお酒を飲んでしまった場合に代わりに運転する運転代行業者と言うのも登場しています。この代行運転するドライバーも、第2種運転免許を持っている必要があります。運転している自動車はお客さんの自家用車でも旅客を乗っけて運転をすることになるので、第2種運転免許が必要になります。
ちなみに現在の第1種運転免許を見てみると、マニュアル車も運転することができるタイプとオートマ車限定で運転することができる免許の2種類が発行されています。これと同様で、マニュアル車の運転までできる免許証とオートマ車限定の免許証が第2種運転免許には用意されています。ちなみに2種免許ですが、トラックやバスの運転をすることができる大型2種運転免許というものがあります。もしすでに大型2種運転免許証を取得しているのであれば、普通自動車を運転することもできるので、普通自動車2種免許取得を別個で行う必要はありません。
普通自動車2種免許取得をするためには大きく2通りの方法があると言われています。まずは認定自動車教習所が日本全国にありますので、そこに通って、運転に必要な知識や技術を学びます。そして卒業検定に合格をすれば、後は適性検査と学科試験をクリアできれば免許証を取得することができます。もしくはほかの所で、普通自動車2種免許取得に必要な知識や技術を学んで、運転免許試験場に行き、技能試験を受験して合格すると言う方法があります。第1種免許と同様で、自動車教習所で学習して卒業してから試験場で学科試験を受けると言うパターンをとる人が多いようです。ちなみに2種免許ですでに他の免許を取得している場合には、技能試験に合格すれば、学科試験については免除扱いになると言う特典があります。視力検査などの適性検査を受けて問題なしと判断されれば、免許証の交付を受けることができるようになっています。

タクシー求人サイトタクQが必要な資格についてを解説しているので参照してみましょう。